090-7558-1098

ブログ

2017/04/30(日)

腰椎椎間板ヘルニアで神経ブロック注射

カテゴリー:未分類

 

神栖市で唯一の慢性腰痛専門整体院 飛翠-HISUI-

 

 

メールでお問い合わせがあったので、それについてお答えしていこうと思います。

質問内容をそのまま載せます。

 

質問

私は腰椎椎間板ヘルニアで過去2回手術を受けています。
今回腰とお尻がとてつもなく痛くなりかかりつけの病院を受診しました。
そこで、私の椎間板の状態だといつかまた再発してもおかしくないと言われ、MRIを撮りました。
しかしヘルニアは多少は出ているもののそんなに神経を押してる訳ではないとのことです。その時に本当はブロック注射をしてもらえば良かったのですが、その時は時間が無くできませんでした。その後5日間痛みに耐え、やっと今日病院に行くことが出来ました。

そこで神経根ブロック注射をして頂きました。
処置後しばらくは腰の痛みもなく良かったと思っていましたが、自宅戻り暫らくすると痛みがぶり返してきました・・・
これは効いてないって事なんですかね?

あまりの痛さに夜もなかなか寝れません。
歩くのも大変です。

ちなみに神経根ブロック注射で使った薬剤は
・カルボカインアンプル注1% 2ml 1A
・デキサート注射液 1.65mg 0.5ml 1A

これからどうしたらいいですか?

 

 

 

まず神経根ブロック注射が効いているかどうかについてですが

これについては効いてます。

一度、一時的にも痛みが無くなっていたのであれば注射は効いています。

しかし痛みがそれよりも強すぎます。

 

おそらくかなり痛いと思います。

 

 

次に、どうしたらいいかについてですが、これは場合によります。

まず、そもそも痛みの原因がヘルニアなのかそうではないのかによってやるべきことは変わります。

 

ヘルニアが原因ではないことがある

 

「えっ!?ヘルニアが原因じゃないの?」と驚くかも知れません。

その可能性はあります。

というのも、画像上でヘルニアが確認されたとしてもそれが痛みの原因ではないことが多々あります。

ヘルニアの有名な研究結果があります。

腰痛のない健康な人を対象とした研究の結果、85%の人に椎間板の変性(形や質の変化)があり、さらに76%に椎間板ヘルニアが発見された

つまりこういうことです。

椎間板の変性やヘルニアがあるからといって必ずそれが原因で痛みになるわけではないということ

 

さらに

ヘルニアがある人の約80%は痛みを感じておらず、実際にヘルニアが腰痛の原因になる例は、腰痛全体のわずか2~3%

 

これを見ると「もしかして私の痛みもヘルニア以外が原因?」と思えるのではないでしょうか。

ヘルニア以外に原因がある場合

ヘルニア以外の原因で考えられるのは筋硬結による痛みです。

筋硬結とは簡単に言うと筋肉が硬くなったものです。

 

この筋硬結が色々な痛みをを引き起こします。

時には、今回のご質問者様のように歩けないくらい痛い痛みというのも引き起こすこともあります。

 

また、それ以外には全身のバランスを整えることで痛みをなくします。

そもそもヘルニアという状態の原因の一つも姿勢が悪いことによって、椎間板の圧力が高まった末になるものです。

(そこまでなる前には椎間板以前の問題で痛みが出ますが)

 

神経ブロックを今後も行うか

これについては基本的には担当の医師と相談していただくことになります。

 

神経ブロックは痛みを文字通りブロックしただけなので原因は解決していません。

痛みが楽になって少し余裕が出たら根本的に痛みの原因を取り去る必要があります。

そうでなければ担当した医師が説明したように繰り返す可能性もあります。

 

手術をするべきかどうか

昔の医療では ヘルニア=手術 が当たりまえでした。

ヘルニアで手術を行った場合と行わなかった場合で予後がほとんど変わらないという文献もあります。

そのような背景から、最近では手術せずに保存療法を推奨する先生が増えています。

 

僕も手術はほんとに最後の手段だと考えています。

 

手術をするということは少なからず癒着のリスクが伴います。

癒着が起きた場所は動きが悪くなります。

癒着して動きの悪くなった場所を補うようにほかの部位に負担がかかります。

全身のバランスが崩れて痛みとなって表れることも考えられます。

 

 

まとめ

 

僕ならこうする

というアドバイスをさせていただくなら

 

まず、目の前にある痛みを消します。

私生活に大きく影響を与えるほどの痛みをまずブロックや薬を使ってなくす。

 

その間に根本改善のために筋肉、筋膜、骨格、内臓など全身を包括した治療を受けます。

根本原因を改善してきたら、徐々に薬を減らしていく

 

という流れです。

 

 

少々複雑な文章になってしまいましたが参考になれば幸いです。

お大事にどうぞ

 

 

〒314-0146

茨城県神栖市平泉2123-23ラステラグランツ105

TEL 090-7558-1098

診療時間09:00~20:00 不定休

神栖で唯一の慢性腰痛専門整体院 飛翠-HISUI-

 

 

 

 

 

 

残り0名様(割引の定員に達した場合でも、空きがあれば通常料金でご案内できます。)

ご予約は今すぐお電話で

090-7558-1098

【受付時間】10時~20時(不定休)

※現在施術が混み合っているため、多くの場合電話に出ることができません。LINEまたはメールからのお問い合わせをおすすめします。

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※現在施術が混み合っているため、多くの場合電話に出ることができません。LINEまたはメールからのお問い合わせをおすすめします。

 

※営業時間は10時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。