090-7558-1098

ブログ

2017/04/27(木)

神栖市整体 前かがみ腰痛の取扱説明書

カテゴリー:腰痛の原因, 腰痛を予防する方法

 

 

 

神栖市で唯一の慢性腰痛専門整体院 飛翠-HISUI-

院長です。

 

先日、大阪へ技術を高めるために勉強へ行ってきました。

夜の9時にバスに乗り込みつくのは早朝6時

バスの中でパソコン仕事をずっとしていたので車酔いしてめっちゃつらかったです…

丸一日勉強でしたが、とても刺激になりました。

これから患者さんに還元していきます。

 

 

本題です

 

 

前かがみ腰痛のことについてお話します。

 

 

お辞儀をしたり、顔を洗ったりする姿勢で出る腰痛のことを

前かがみ腰痛と呼ぶことにします。

 

今日は前かがみ腰痛をどうやったら少しでも腰の負担が減らせるか?のヒントをお伝えします。

 

前かがみは腰に負担大

 

立っている時を100とすると軽くお辞儀をしただけで150の負担が

かかります。

数字で見ると確かに負担が大きいですね。

 

前かがみになるだけで1.5倍もの負担が腰にかかります。

 

では次に腰への負担の減らし方をご紹介します。

 

 

膝を使うとラク

立ったまま膝を曲げずに床に手をつけるアレ

 

膝を曲げると余裕で床に手がつきますよね?

 

前かがみ腰痛の人はこれが痛くてできません。

あたり前に思えますが、これと同じ原理が働いています。

手を突こうとすると腰の骨が後ろに押し出されて痛みが発生します。

これを軽減するためには 膝を使うことです。

 

例えば、立って顔を洗う時には膝を軽く曲げるといいでしょう。

下に落ちているものを拾うときにも膝をしっかりと曲げれば痛みが軽減されます。

痛みの軽減だけではなく、普段から腰にダメージを溜め込まないためにも必須の動き方です。

 

 

頭の位置がポイント

頭の重さはだいたい体重の8~13%

どのくらいかというとボーリングの玉(11ポンド)と同じくらい

お米5Kgと考えてもすごい重さです。

 

実家の猫(あんず)は 4kgくらい 頭に乗せるとなるとちょっと大変

 

で、その頭が体の一番上にあるわけですが、バランスよく乗っていないとかなり負担がかかります。

 

例えばとっても重い棒があるとします。

まっすぐ立てておけば少ない力で支えていられますが、斜めになっていると力が必要です。

これと同じように頭の位置が前過ぎたり、後ろ過ぎると身体が斜めになってしまいます。

脳はそれを認識してまっすぐに修正します。

その時に頑張るのが首や背中、そして腰です。

 

前かがみ腰痛のタイプの人は頭が前に位置していることが多いです。

 

「じゃあどうしたらいいんだ斉藤!おい斉藤!」

 

 

シチュエーション別に解説していきます。

 

例えば

デスクワークのときにはつい集中してしまって顔をモニターに近づけてしまいがちです。意識的に気を付けましょう。

歩くときには、下を見ないように意識してなるべく遠くを見るようにしましょう。視線があがると自然に頭の位置が修正されます。

 

仮にその時に痛みとして出ていなくても悪い姿勢は確実にため込まれていきます。

 

 

 

足が原因のことが多い

足と腰、離れていますが、実は繋がりがあります。

 

足からくる腰痛タイプの人は

これで解消できるかもしれません↓

 

 

まとめ

痛みを軽減するには膝を使うこと、そして頭の位置に気をつけること

痛みを軽減するのはもちろん、普段から痛みの借金を増やさないように心がけましょう。

 

 

 

 

整体院 飛翠は神栖・鹿島・潮来・銚子はもちろん香取市・旭市からも多数ご来意頂いております。

坐骨神経痛/腰痛/脊柱管狭窄症/腰椎椎間板ヘルニア/歩行障害などでお困りの方はご相談ください。

 

腰痛専門整体院 飛翠-HISUI-

〒314-0142 茨城県神栖市深芝南1丁目4−1 深芝店舗B-2

TEL 090-7558-1098

診療時間09:00~20:00 不定休

 

 

 

 

残り0名様(割引の定員に達した場合でも、空きがあれば通常料金でご案内できます。)

ご予約は今すぐお電話で

090-7558-1098

【受付時間】10時~20時(不定休)

※現在施術が混み合っているため、多くの場合電話に出ることができません。LINEまたはメールからのお問い合わせをおすすめします。

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※現在施術が混み合っているため、多くの場合電話に出ることができません。LINEまたはメールからのお問い合わせをおすすめします。

 

※営業時間は10時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。