090-7558-1098

ブログ

2017/04/18(火)

神栖 産後の骨盤矯正・骨盤矯正

カテゴリー:産後の腰痛

 

 

 

産後の骨盤矯正(調整)

 

タイトルに骨盤矯正と骨盤調整の両方を入れたのには理由があります。

 
詳しくは 骨盤矯正と骨盤調整の違い をご覧下さい。
 
 

 

産後の骨盤のゆがみのデメリット

 
  骨盤がゆがんだままだとこんなデメリットがあります。
 
 
  • 代謝が落ちて太りやすくなる
  • 便秘になりやすくなる
  • むくみやすくなる
  • 腰痛になりやすくなる
  • 肩こりになりやすくなる
  • 尿もれのリスクがあがる
  • 歩き方が汚くなり見た目的によくない
 
 
いいことないですね….
 
 
そうです。ゆがんだままではいいことなんてありません。
 
これからどんどん成長していく赤ちゃん
 
3kg 5kg 10kg …..
 
この重さを抱っこにおんぶするためにキチンと骨盤を整えておきましょう。
 
 
 
 
 
 

産後の骨盤矯正グッズ

 
  • 産後ガードル
  • ニッパー
  • 骨盤ベルト
  • 産後サポーター
  • コルセット
 
 
でも、どれもが固定する目的でしかありません。
 
骨盤はただ固定するだけではゆがんだま固定されてしまいます。
 
 
 

  骨盤がゆがむ仕組み

 
妊娠し、出産が近づくとリラキシンというホルモンによって靭帯が緩みます。
これによって骨盤が緩み、出産しやすいようになります。
ところがこの靭帯を緩める作用は全身の靭帯に影響します。
靭帯の支える力が弱まると筋肉と関節でのみ身体を支えなければなりません。
その結果筋肉と関節に負担がかかって産後に腰痛を発症します。
 
 
 
用語解説
・リラキシン(relaxin)とは?
分娩時の恥骨靭帯の伸張、子宮の収縮の阻害、子宮頚部の弛緩を促すホルモン
リラキシンは妊娠3か月~産後2~3日まで作用する
 
用語解説
・靭帯(じんたい)とは?
靭帯とは骨格をつなぐ役目をする帯のようなもので、強い弾力性がある線維性の組織
 
 
 
 

産後の骨盤調整にベストなタイミング

 
 
 
6~8週間
この期間の産褥期(さんじょくき)は骨盤矯正をしないでゆっくり休む
 
 
 
2~6ヶ月
この期間が骨盤調整がもっとも効果的なタイミング
 
6ヶ月を過ぎるとほぼほぼ靭帯も元の固さに戻り、骨盤の閉じもなくなってきます。
 
こうなってからでは、骨盤調整も一手間増えます。
 
こうなる前に『整えながら戻す』ことが大事です。
 
 
特に出産前から腰痛があった場合は要注意
 
ほぼ骨盤のゆがみは決定です。靭帯が緩まったこの期間を機に腰痛に決着をつけましょう。
 
 
 
 

 まとめ

 
固定する前に疲労して固くなった筋肉を緩めてから正しい位置で骨盤をサポートする
 
これが、本当に必要なことです。
 
 
ただやみくもにサポートや骨盤ベルトを巻くだけでは間違った位置で固定されてしまいます。
 
 
 

整体院 飛翠は神栖・鹿島・潮来・銚子はもちろん香取市・旭市からも多数ご来意頂いております。

坐骨神経痛/腰痛/脊柱管狭窄症/腰椎椎間板ヘルニア/歩行障害などでお困りの方はご相談ください。

 

腰痛専門整体院 飛翠-HISUI-

〒314-0142 茨城県神栖市深芝南1丁目4−1 深芝店舗B-2

TEL 090-7558-1098

診療時間09:00~20:00 不定休

 

 

 

 

残り0名様(割引の定員に達した場合でも、空きがあれば通常料金でご案内できます。)

ご予約は今すぐお電話で

090-7558-1098

【受付時間】10時~20時(不定休)

※現在施術が混み合っているため、多くの場合電話に出ることができません。LINEまたはメールからのお問い合わせをおすすめします。

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※現在施術が混み合っているため、多くの場合電話に出ることができません。LINEまたはメールからのお問い合わせをおすすめします。

 

※営業時間は10時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。