090-7558-1098

ブログ

2019/10/11(金)

擬似 坐骨神経痛は自分で改善できる

カテゴリー:ぎっくり腰, 坐骨神経痛, 未分類, 脊柱管狭窄症, 腰椎椎間板ヘルニア, 腰痛の原因, 腰痛を予防する方法

 

 

擬似坐骨神経痛をご存知ですか?

 

坐骨神経痛 太もも

もし、病院で坐骨神経痛と診断され、薬やリハビリ、または整体院などで治療を受けても改善しない方は、もしかすると擬似坐骨神経痛かも知れません。

 

 

今回の内容は一般的には見過ごされる擬似坐骨神経痛を特集します。

 

 

今回のこの記事を書こうと思った理由

 

病院で坐骨神経痛と診断された患者様から詳しく問診を伺うと、症状を訴える場所が通常の坐骨神経痛と微妙に違ったり、検査で坐骨神経痛と一致しないケースが数例ありました。

そこで、なぜ坐骨神経痛と診断されながらも坐骨神経痛ではない症状が出ているのか疑問に思い色々と再度研究し直しました。

すると、坐骨神経ではない神経がまるで坐骨神経痛の様な症状を出すという事実がわかりました。

坐骨神経痛のような症状に悩まれている皆様には有益な情報なのでここで共有します。

 

 

擬似坐骨神経痛とは

 

 

通常の坐骨神経痛の場合では、坐骨神経痛という太い神経が絞扼される(圧迫されて締めこまれる)と、お尻や足に痺れ、痛み、張り、灼熱感、冷感を感じます。

 

坐骨神経痛 領域

しかし擬似坐骨神経痛の場合には、坐骨神経絞扼由来ではない神経絞扼によってあたかも坐骨神経痛の様な神経痛が起こるのです。

 

 

坐骨神経痛と上臀皮神経痛の訴える症状は非常によく似ている

 

・坐骨神経痛の場合

歩く時に足が痺れる

腰から足にかけてしびれがある

上体を前に倒すと痛みが強くなる

仰向けで足を伸ばして寝ると痺れる

 

 

・上臀皮神経痛

歩く時に足を振るのが辛い

腰から足にかけてしびれがある

上体を斜め前に倒すと痛みが強くなる

上体を後ろにそらすと痛い

仰向けで寝ると痛い

 

 

今回は特に臨床上多く経験する上臀皮神経由来の擬似坐骨神経痛を取り上げたいと思います。

 

上臀皮神経とは

 

 

上臀皮神経

上臀皮神経と坐骨神経の類似点

 

これまでの解剖学的研究では上臀皮神経の発生は、腰椎の13番とされていました。

どの教科書を見てもこのように書かれています。

しかし、Anatomical Background ofPseudosciaticain Cluneal Neuralgiaによると上臀皮神経は胸椎12番~腰椎5番まで幅広く発生していたことが明らかになりました。

坐骨神経の発生は腰椎4~仙椎3番と言われていますが、特に直接的原因になっていることが多いのは腰椎45番です。

つまり、上臀皮神経も坐骨神経も同じ腰椎45番が発生の起源です。

ということは、上臀皮神経が締めこまれることで坐骨神経痛のような症状を出してもおかしくはありません。

 

参考文献

Anatomical Background ofPseudosciaticain Cluneal Neuralgia

 

 

ではどこで締めこまれてしまうのか?

 

・腸骨付近

上臀皮神経

 

 

 

悪化させる習慣

 

ズボンのウエストが原因

 

この部位にちょうどズボンのウエストにあたるため、きついゴムやベルトをしていると圧迫を受けます。

 

幅の広いゴムのズボンにするか、緩めに履くことで対処できます。

 

また、ズボンのポケットに財布や鍵など色々入れるとその分重くなり必然的にゴムをきつくせざるを得ないので、ポケットの中は軽くしましょう。

 

 

ズボンの形状が原因

 

スパッツやスキニーのようにピッタリとしたきついズボンを履くと、足を前に出すたびに微妙にお尻の皮膚が下に牽引されます。

皮膚の下にはすぐ筋膜があるのですが、何度も擦れることで摩擦が生まれて神経に負担をかけてしまいます。

健常であればそのくらいの刺激はなんてことはないのですが、痛みが続いている時にはなるべく避けたい刺激です。

どうしてもピッタリとしたズボンを履きたい場合には、あらかじめお尻周辺にズボンの生地を寄せ集めてシワを作っておきます。

こうすることで刺激を回避することができます。

 

 

緩和方法

 

入浴

 

筋肉が原因の場合で、自分でできることといえば入浴です。4015分の入浴が最適です。

高齢者は特にヒートショックのリスクがあるので無理のない時間で大丈夫です。

 

 

セルフマッサージ上臀皮神経

神経を解放するためのマッサージですが、直接神経付近をマッサージするにはリスクがあります。

というのも、先ほど説明したように神経に摩擦がかかって痛くなっているケースもあるからです。

 

丸く囲ってある部分は骨が張り出しているため、マッサージによって神経に圧力がかかりやすいです。

マッサージをする場合はそこよりも足側、お尻の筋肉がある場所をマッサージしましょう。

 

 

 

 

 

マッサージ方法

 

痛い方の足をカエルの足のように開きます。

(平泳ぎの蹴る直前の体勢)

この状態で上臀皮神経が緩みます。

この姿勢で自分の手でお尻を掴んで1分間、揺らします。

これを3セット行います。

 

 

ポイント1.

手は柔らかく使う

 

ポイント2.

手以外の力は抜く

 

ポイント3.

腸骨付近に触れるだけでも痛い場合には、腸骨に手がかからないように下の方から徐々に緩める。

 

上臀皮神経痛の程度によっては痛みが増悪することがあるので、その場合は体操を中止してください。

 

 

まとめ

 

・坐骨神経痛によく似た擬似坐骨神経痛がある

・主に上臀皮神経に由来する

・生活習慣によってなる

 

 

 

最後に

もし、坐骨神経痛と診断されて治療を受けても改善されない方がいたらご相談ください。

当院がお力になります。

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

整体院 飛翠-HISUI- 院長

斉藤有也

 

自身の腰痛経験がきっかけで16歳から整体師を志す。

養成校を卒業後、様々な徒手療法を習得。

その後『安全で根拠ある効果実証済みの整体法』をモットーに掲げ腰痛専門整体院を開院。

年間腰痛施術件数2000件以上

 

 

 

資格・経歴等

腰痛専門整体師

日本医師会監修 健康マスター(Expert)

予防医療診断士 養成講座修了

Health Care Planner 

キネシオテーピングトレーナー

JSMAフィジカルアセスメント 修了

徒手医療協会 各種講習 修了

 

 

 

 

 

患者様の体験談

 

 

 

 

 

 

 

割引終了しました。(割引の定員に達した場合でも、空きがあれば通常料金でご案内できます。)

ご予約は今すぐお電話で

090-7558-1098

【受付時間】10時~20時(日木定休)

※現在施術が混み合っているため、多くの場合電話に出ることができません。LINEまたはメールからのお問い合わせをおすすめします。

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※現在施術が混み合っているため、多くの場合電話に出ることができません。LINEまたはメールからのお問い合わせをおすすめします。

 

※営業時間は10時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。