090-7558-1098

ブログ

2019/02/19(火)

自分でできる中殿筋セルフ整体 坐骨神経痛

カテゴリー:坐骨神経痛, 未分類, 腰椎椎間板ヘルニア, 腰痛の原因, 腰痛を予防する方法

 

 

 

この体操の対象者は

 

  • 腰やお尻に重さがある
  • 歩き方が変と言われる
  • 歩くときに左右にふらつく
  • 歩幅が狭い
  • 足に痺れが出る

 

 

今回、調整するのは中臀筋 骨盤と大腿骨を接続する筋肉です。

 

 

中臀筋は上半身のブレを抑える働きがあります。

 

歩行時には常に使われるために持久力があり、耐久性も高いです。

 

それがあだとなって、症状が出る頃にはかなりの硬さになっていることが多いです。

 

中臀筋を触るためには深い圧と、解剖学の知識がちょこっと必要なので一般的なマッサージではしっかりと調整されることが少ない筋肉でもあります。

 

今回は、中臀筋を自分で調整する方法を紹介します。

 

そのまえに中臀筋の位置をおさらい

わかりやすいように色を変えました。

 

 

しかし、中殿筋の前横側には大腿筋膜張筋が邪魔をしています。

 

これを緩めないことには周辺の組織

が邪魔をしてうまく圧が入りません。

 

 

 

大腿筋膜張筋を緩めるには

 

このように片足に重心をかけて、調整する方の足をだらーんとすると緩みます。

 

 

 

片足に重心をかける必要があるので、膝に障害がある場合には様子を見ながら無理のない範囲で行いましょう。

 

片足立ちでふらついてしまう場合には壁によりかかって行うと安定します。

 

この状態で手をこのように

もしくは猫の手で押します。

 

表面でぐりぐりしても効かないので、深く押し切ってから動かすのがコツです。

 

10回ぐりぐりして一度、姿勢を戻します。

こうすることで血液の循環を起こす隙を与えます。(5秒くらい)

 

再び10回くらいぐりぐりして これを3〜5セット繰り返します。

 

※片側に症状が出ていても必ず両側同じだけ行ってください。

 

やり方によっては翌日に揉み返しのようになりますが、2日程度で治るので心配無用。

 

 

以上です。

 

ちょっとコツがいりますが、やってるうちにうまくなります。

 

 

 

残り0名様(割引の定員に達した場合でも、空きがあれば通常料金でご案内できます。)

ご予約は今すぐお電話で

090-7558-1098

【受付時間】10時~20時(不定休)

※現在施術が混み合っているため、多くの場合電話に出ることができません。LINEまたはメールからのお問い合わせをおすすめします。

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※現在施術が混み合っているため、多くの場合電話に出ることができません。LINEまたはメールからのお問い合わせをおすすめします。

 

※営業時間は10時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。