090-7558-1098

ブログ

2018/11/02(金)

斉藤の独り言 背景をみる

カテゴリー:整体院 飛翠はこんなところ, 痛みのこと

 

 

 

僕が臨床に出たばかりのころの話

 

横柄な態度や、疑い深い人、ぶっきらぼうな人が来た時に、「なんだか、嫌だなぁ」と思っていました。

 

しかも露骨に。

 

 

今も思わないわけではないですよ。

 

人間だもの。釈迦じゃない。

 

 

でも以前と違うのは、その患者様の「背景」を見ようと心掛けています。

 

 

というのも、実体験なのですが

痛みが改善されていく過程で、表情や言動が柔和になってくることを経験しました。

 

 

だから、もしかしてこの人は

 

昔、対応の悪いところにかかって医療不信で横柄な態度なのかも知れない。

 

 

 

もしかして、痛い期間が長くてストレスが強くて大変だったのかも知れない。

 

もしかして、初めての整体で心配だから疑うのかも知れない。

 

 

と、色々な背景があることを念頭に置いて仕事に取り組むことにしています。

 

 

 

優しくなったでしょ?

 

 

個人的に「成長したなぁ。」と感じています笑

 

 

自分を褒めたい!

 

 

 

で、今回は「背景」をテーマに話をしているので施術に対してもそれは同じです。

 

 

どういうことかと言うと、

 

歪みや痛み、可動制限は一見すると良くないイメージがあります。

 

 

でもそれにも訳がある。背景がある。

 

 

例えば、左の膝を怪我していて右に体重を乗せているのに、歪んでいるからといって均等なバランスに整えてしまったらどうなるでしょうか。

きっと怪我している膝が痛くなるはずです。

 

 

もう一つ例を、

 

これ以上痛くならないように固まって動かなくなっている肩を無理に動かしたら… 

状態は今より深刻になります。

 

 

身体の状態には「悪い」も「良い」もなくてただ単純に状態でしかありません。

 

 

歪み=ダメ としないで、なぜ?どうして?の背景を見るように心がけています。

 

それと同じくらい患者様にも背景が見えるように説明することを意識しています。

 

例えば腰が痛いとして、何も説明せずに痛みが改善したとします。

 

痛みが改善したら嬉しいと思いますが、その患者様はどうして痛くなるかを知らないのでまた痛めることでしょう。

 

 

整体院は何をするところ?

と聞かれて、痛みやシビレを改善するところというのは表面的です。

 

「つべこべ言わず治せ。」

 

確かにね。

そうかも知れません。

 

 

でも。

痛くなったから治しに来る、また痛くなったから治しに来る。

こんなインスタントな使い方の整体院にはしたくありません。

 

なぜなら痛みは日常生活の中で作られます。

 

どうしてなったのかがわからないと、また同じように身体に負担をかけてしまいます。

 

どうして痛くなったかを理解することは、身体を大事にすることに繋がります。

 

 

整体院 飛翠-HISUI-のミッションは身体を大事にする意識を持ってもらうことです。

 

 

 

残り0名様(割引の定員に達した場合でも、空きがあれば通常料金でご案内できます。)

ご予約は今すぐお電話で

090-7558-1098

【受付時間】10時~20時(不定休)

※現在施術が混み合っているため、多くの場合電話に出ることができません。LINEまたはメールからのお問い合わせをおすすめします。

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※現在施術が混み合っているため、多くの場合電話に出ることができません。LINEまたはメールからのお問い合わせをおすすめします。

 

※営業時間は10時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。