090-7558-1098

ブログ

2018/10/31(水)

睡眠の質を上げる4つの睡眠法則まとめ

カテゴリー:アスリート向け, 体調管理, 未分類

 

 

腰痛専門整体院 飛翠-HISUI-

 

こんばんは。斉藤です。

 

突然ですが、僕の施術スタイルは機械や道具を使わずに100%自分の手を使うスタイルです。

普段から来てる人は知ってますね。

 

何か良い道具があれば使うのも拒みませんが、今のところ手に勝るものはありません。

そんな大事な手なので、体調不良で手の感覚を狂わせるわけにはいきません。

 

だから普段からアスリート並みに身体に気を使っています。

そこで大事にしているのは睡眠です。

 

で、睡眠にはちょっとした法則があるので共有したいと思います。

 

 

これから紹介する4つの睡眠法則を理解して実践することで日中のパフォーマンスが向上するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

 

睡眠法則1

『サーカディアンリズムの法則』

サーカディアンリズムは、朝起きて昼活動して夜寝るという一連の24時間の生活リズムのことです。

地球の自転は23時間56分で1周します。

でも生物のリズムはそれより若干ゆっくりリズムを刻みます。

個人差はありますが、24時間10分が平均値と言われています。 

数分はズレてしまうので睡眠と陽の光でそのズレを毎日修正しているというわけです。

ミミズだってオケラだってアメンボだってみんなサーカディアンリズムに従って生きています。

僕は釣りが好きなのですが、『朝まづめ』『夕まづめ』といって数分間すっごい釣れるタイミングがあります。

 

魚もサーカディアンリズムに従ってエサを食べるみたいです。

睡眠のリズムは1日で崩れますが、元に戻すのには数日かかります。

夜更かしをしないのは当たり前ですが、いつもの時間より早く寝すぎてもサーカディアンリズムを狂わせてしまいます。

就寝時間、起床時間、睡眠時間は極力変えずに体のリズムを一定にすることが大事です。

 

 

睡眠法則2

『毎日コツコツの法則』

睡眠は日曜日に10時間寝たからといってその分を平日に回すことわできません。

寝溜めをしようとしても逆効果です。

睡眠法則1で紹介したサーカディアンリズムを崩してしまいます。

いつもより長くて寝たとしても1~2時間以内にとどめましょう。

まあでも、休日の二度寝は最高ですね。

寝すぎると1日を無駄にした感じで後悔しますが…

 

 

睡眠法則3

『体温調節の法則』

体には体温を自動的に調節する機能があります。

そのため入浴をして深部の体温が上がると元に戻すために体温を下げようとします。

ちょうど体温が下がったときに人は眠くなるのですが、それが入浴後から90分後くらいです。

逆算すると、寝床に入る90分前に入浴がおすすめです。

どうしても時間がなくて寝る間際になる場合は体温を上げすぎないようにシャワーにするのも可

ちなみに、他の記事で紹介した交代浴ですが、交感神経を優位にしてしまい寝つきづらくなるのでこの場合も90分前には終了するように調整しましょう。

 

 

睡眠法則4

『寝つき水の法則』

これは僕が個人的に流行らせたい言葉なので隙があればブログに混ぜ込んでいきたいだけ、というのはさておき。

寝つき水は、寝る20分前に水分を200ml飲むことで、頭の血液を小腸に下ろして眠りやすくすることができる魔法の水です。(普通の水でOK)

 

寝付き水の詳細

 

以上4つの睡眠法則を実践して日中に元気良く活動できるようになれると良いですね。

 

 

おやすみ

 

 

 

 

残り0名様(割引の定員に達した場合でも、空きがあれば通常料金でご案内できます。)

ご予約は今すぐお電話で

090-7558-1098

【受付時間】10時~20時(不定休)

※現在施術が混み合っているため、多くの場合電話に出ることができません。LINEまたはメールからのお問い合わせをおすすめします。

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※現在施術が混み合っているため、多くの場合電話に出ることができません。LINEまたはメールからのお問い合わせをおすすめします。

 

※営業時間は10時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。