090-7558-1098

ブログ

2018/03/29(木)

腰痛を脳から治す ペインマトリックスの概念

カテゴリー:未分類, 痛みのこと, 腰痛の原因, 腰痛を予防する方法

 

 

茨城県神栖市の腰痛専門整体院 飛翠-HISUI-

斉藤です。

 

 

今回は感情が痛みを慢性化させるということについて、僕の持っていることを共有できたらと思います。

 

感情が痛み?そんなバカな

と思うかも知れません。

 

 

でもこれ、事実なんです。

 

 

脳にはペインマトリックスという、痛みに関する脳内のネットワークがあります。

 

 

ペインマトリックスは『MRIやレントゲンの画像』『言葉』『記憶』『イメージや予想』『共感』によって反応します。

例えば、「冷たい鉄板が張り付いたようにズーンと腰が痛い。」という言葉のイメージで痛みが強く感じます。

病院で「この飛び出した椎間板が痛いの原因です。」と画像を見せられるといかにも痛そうな画像なのでそれが強烈に印象に残ります。

また、痛そうにしている人を見ることも、痛みを引き起こす原因の一つになっています。

 

 

僕自身、このペインマトリックスによって思いがけない体験したことがあります。

 

 

ある日、とても辛そうな患者さんを見ながらの施術をしました。

するとなんとなく、僕の腰に患者さんが持つ痛みのイメージに似た痛みを感じました。

気のせいかと思ったのですが、次に来た時も同じような経験をしました。

学生時代に腰痛だった時の記憶や目の前の辛そうな患者さんに共感したことがきっかけで、ペインマトリックスが興奮したのだと考えられます。

 

もう一つ体験談があります。

僕は学生時代、陸上をやっていたのですが、走りまくってたせいで膝を痛めてしまいました。

膝に毎日塗り薬を塗っていたのですが、その時の匂いと痛みが脳内に染みついていたのでしょう。

その塗り薬の匂いを嗅ぐと膝が痛んだこともありました。

 

 

今話した例は、言葉や記憶、共感によって起きた痛みです。

単に『腰痛』という言葉をイメージするだけでもペインマトリックスを興奮させてしまい、痛みを強く感じます。

「いや、私の痛みは確かに身体に原因がある。」と思うかも知れません。

確かに身体にも原因はあるかも知れません。

でも、痛みは脳で感じます。

どんな痛みでも、脳がなければ痛みを感じることはできません。

あなたの痛みが、感情とどれほど関連しているかを知るには、痛みの日記をつけることでわかります。

 

 

例えば、

10/5 金曜日 

今日は会社でミスをして落ち込んだ

痛み8

10/6 土曜日

今日は久々に遊びに出かけた

痛みはそれほど感じなかった

痛み4

という具合に、今日起きた出来事とそれによる感情

それから、痛みを10段階で表したものを書きます。10が一番痛く、0が痛みなしです。

これをすることによって、痛みと感情の関係が見えてきます。

ただ、注意点かあります。

そもそもこの感情と痛みの悪循環から抜け出すには、意識を外に向けることが大事です。

つまり、痛みばかりに気を取られていては痛みは慢性化します。

日記はあくまで、感情と痛みの観覧度合いを知ることにとどめましょう。

 

 

また、ほかの記事でペインマトリックスについてお話ししたいと思います

 

整体院 飛翠は神栖・鹿島・潮来・銚子はもちろん香取市・旭市からも多数ご来意頂いております。

坐骨神経痛/腰痛/脊柱管狭窄症/腰椎椎間板ヘルニア/歩行障害などでお困りの方はご相談ください。

 

腰痛専門整体院 飛翠-HISUI-

〒314-0142 茨城県神栖市深芝南1丁目4−1 深芝店舗B-2

TEL 090-7558-1098

診療時間09:00~20:00 不定休

 

 

 

LINE友達追加で腰痛改善の方法がいつでもチェックできます。

 
 友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

 

残り0名様(割引の定員に達した場合でも、空きがあれば通常料金でご案内できます。)

ご予約は今すぐお電話で

090-7558-1098

【受付時間】10時~20時(不定休)

※現在施術が混み合っているため、多くの場合電話に出ることができません。LINEまたはメールからのお問い合わせをおすすめします。

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※現在施術が混み合っているため、多くの場合電話に出ることができません。LINEまたはメールからのお問い合わせをおすすめします。

 

※営業時間は10時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。