090-7558-1098

ブログ

2018/03/25(日)

腰に優しいくしゃみの手引き。くしゃみ腰痛が怖い人へ

カテゴリー:未分類, 腰椎椎間板ヘルニア, 腰痛を予防する方法

 

 

腰に優しいくしゃみの手引き

 

患者さん

「へ、へ….ヘックシュン!!」

斉藤

「花粉症ですか?」

患者さん

「そうなんですよ先生。くしゃみをすると腰が痛くて…何か良い解決策ありませんか?」

斉藤

「ありますよ。でもその前にくしゃみと腰痛の事についてお話ししますね。」

 

 

  • なぜくしゃみをすると腰が痛くなるのか?

くしゃみをする時に、頭が前に振られてその反動で腰の筋肉が急激に引き延ばされることによって腰が痛みます。

 

 

 

・くしゃみをするときの姿勢が原因

 

立ってる時に比べ前屈したときには150物負荷がかかります。

ここに頭の重さとクシャミによる反動がかかるので、腰への負荷はかなりのものになります。

度々この話をするのですが、頭ってボーリングの球と同じくらいの重さがあります。

そんなものを反動つけて揺らしたらそれは負担かかりますよ。

 

つまり、くしゃみをするときの姿勢を、なるべく前屈姿勢にならないようにすれば負荷を減らすことができるということです。

 

 

 

・普段の筋肉の硬さもクシャミ腰痛の原因

筋肉は同じ姿勢で長時間いることで固まってしまいます。

硬くなった筋肉は急激に引っ張られる刺激に対して敏感に反応します。

さらに筋肉や腱の中には伸び縮みを察知するセンサーがあります。

急激に筋肉が引き延ばされることは、筋肉にとって危険なことなので守ろうとして固まる修正があります。

これが一時的ならいいのですが、ショックでずっと縮んだままになってしまうこともあります。

シートベルトを素早く引っ張ったときにロックするイメージです。

こうなると普通のストレッチやマッサージではほぐれなくなってしまいます。

 

腰痛は慢性化してなかなか治りづらいです。

 

 

普段から同じ姿勢でいることが多いと言う場合は、こまめに動くことをお勧めします。

 

 

腰痛に優しいクシャミの方法

 

・近くにつかまるものがある場合

要するに、前屈姿勢にならなければ良いので壁や椅子に掴まれる場合は掴まるようにしてください。

 

 

 

・何もない場所で立ってる場合

問題は何くにもない場所でくしゃみが出そうになったときの場合です。

くしゃみが出そうになったら片方の足を引いてください。

上半身が安定するため前に頭が振られづらくなります。

また足も少し横に開くと重心が安定します。

 

 

おまけ

そういえば今日、患者さんと「マスク一生のうちにどれだけお金をかけるんだろう。」という話になりました。

 

このマスクは話題の『花粉を水に変えるマスク』とやらなんですが、3枚で1000円

 

3枚で1000円!?

 

1枚333円ですよ、高くないですか?

牛丼並と同じですよ。

 

使ってみた感想は「よくわからない」

 

僕は花粉をもともとあまり感じないせいか効果は分かりませんでした。

これからちょっと杉林に花粉を採取してこようと思います。

 

 

 

ちなみに神栖のウエルシアで売ってます。

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

 

整体院 飛翠は神栖・鹿島・潮来・銚子はもちろん香取市・旭市からも多数ご来意頂いております。

坐骨神経痛/腰痛/脊柱管狭窄症/腰椎椎間板ヘルニア/歩行障害などでお困りの方はご相談ください。

 

腰痛専門整体院 飛翠-HISUI-

〒314-0142 茨城県神栖市深芝南1丁目4−1 深芝店舗B-2

TEL 090-7558-1098

診療時間09:00~20:00 不定休

 

 

 

LINE友達追加で腰痛改善の方法がいつでもチェックできます。


 友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残り0名様(割引の定員に達した場合でも、空きがあれば通常料金でご案内できます。)

ご予約は今すぐお電話で

090-7558-1098

【受付時間】10時~20時(不定休)

※現在施術が混み合っているため、多くの場合電話に出ることができません。LINEまたはメールからのお問い合わせをおすすめします。

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※現在施術が混み合っているため、多くの場合電話に出ることができません。LINEまたはメールからのお問い合わせをおすすめします。

 

※営業時間は10時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。