090-7558-1098

ブログ

2017/10/05(木)

【30秒で改善】立つときに腰が伸びないならここを押せ!

カテゴリー:坐骨神経痛, 未分類, 脊柱管狭窄症, 腰椎椎間板ヘルニア, 腰痛の原因, 腰痛を予防する方法

 

 

 

茨城県神栖市にある唯一の慢性腰痛専門整体院飛翠-HISUI-

院長の斉藤有也です。

 

 

 

先日大阪に勉強会に行きました。

 

 

 

大阪へは夜行バスで来たのですが、隣の人が立つときに腰が曲がっていて辛そうでした。

 

そういえば、当院でもデスクワークや長距離運転が長い方で

「しばらく座った後に立つと数分の間腰が伸びない。」

 

と言った症状でお悩みの方が最近多く来院されています。

 

あなたもそんな経験はありませんか?

 

伸びないからと言って腰を叩いたり、無理に伸ばそうとしていませんか?

 

 

実はその原因は腰ではありません。

 

その筋肉はズバリ!

 

 

お腹です。

 

 

 

お腹と言っても腹筋ではありません。

 

犯人は大腰筋というお腹の深いところにある筋肉です。

姿勢を維持したり足を前に出したりす働きがあります。

 

この大腰筋、これが座っているときには縮んでいます。

そして筋肉は形状記憶します。

 

そのため、いつも座っている時間が多いと、筋肉は縮んだ状態を記憶していきます。

 

立つ時にはその筋肉が縮んだ状態からいきなり引き延ばされるのでうまく伸びません。

 

結果、立つときに腰が曲がってしまってうまく伸びないのです。

 

 

では、どうやってその縮まった筋肉を伸ばせばいいのでしょうか?

実は簡単に解消する方法があります。

 

 

 

では早速その方法をご紹介します↓

 

 

 

 

 

残り0名様(割引の定員に達した場合でも、空きがあれば通常料金でご案内できます。)

ご予約は今すぐお電話で

090-7558-1098

【受付時間】10時~20時(不定休)

※現在施術が混み合っているため、多くの場合電話に出ることができません。LINEまたはメールからのお問い合わせをおすすめします。

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※現在施術が混み合っているため、多くの場合電話に出ることができません。LINEまたはメールからのお問い合わせをおすすめします。

 

※営業時間は10時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。